ここをクリックするとオリジナルサイズで別ウィンドウに表示します

人魚 あり〼!

旧和風展サイトがなくなってしまって、今年は開催を見送られたのかと思っておりましたところ、SAYURIさんから新サイトで開催との情報をいただき、今年も参加させていただきました。

ご開催ありがとうございます。

今年は、お堅く決めようと思っておりましたが、根がサービス精神旺盛なため、みなさまのご期待を裏切ってはダメダメということで、今回もあっちの方向へ気が付けば走り出していた次第です^^;

さて、日本で人魚と言えば、八百比丘尼を思い浮かべますが、彼女は人魚の肉を食べて不老不死(不老長寿)になったというだけで、決して彼女自体人魚ではございません。では、他はと見れば、黄本の世界で遊女になった人魚の話や、高野山の人魚のミイラ、妖怪絵巻で紹介される魔物や、アンデルセン以外はどれも恐ろしい魔物という描かれようです。

さて、この人魚はどんな人魚なのでしょう?
彼女の言ってることを聞いてわたしに教えてくださいな^^
——————
DAZ Studio 4.9
Victoria4.2(DAZ)
Lost Realms for V4/A4(DAZ)
Takashimada-Hair (ShareCG)
Michael3(DAZ)
数奇屋座敷-華(sukiyazashiki-hana)、衝立2(tsuitate2) by HONEY
Japanese_Guest_House by sugatak(Renderosity)
manaita, fuda my own prop
PhotoShop CS3

30 comments

  1. 待ってました!
    おぉ~、柔らかオッパイじゃ! じゅるり。(#^.^#)
    尻尾がズボンタイプだと良いな~(汗

    >再編集はできないですよね?
    上のメニューの「ダッシュボード」-編集で、イケたと思います。(^^♪
    ※私もクレジット等を追記しました。

    1. >尻尾がズボンタイプだと良いな~(汗
      ということは、スタバのロゴのマーメイドみたいなということですね。
      でもそれだとなぜいいのでしょうね?w

      ダッシュボード 試してみます^^; 情報ありがとうございます。

          1. なるほど、勉強になります。(^^♪
            私の与太話につきあわせてすみませんでしたw

  2. ぁら、可愛い、女○盛り。(^o^;; ☆\

    人魚のお話て、人交わりができないところから、怖い話が多いですね。
    日本では妖怪扱い(笑)。
    こんな可愛い人魚さんなら、お友達に、、半分お魚なので、その先は期待できそうにないですが。((((((((^o^;;

    1. コメントありがとうございます。
      トム・ハンクスの「スプラッシュ」では、乾かすと尻尾が脚に変化するというのが^^
      そしたら、ズボンタイプでなくてもですねw

  3. >どうもファイルサイズの上限が1Mのようです^^;
    修正しました。
    必要であればメニューの【ダッシュボード】から該当する投稿の【編集】リンクから投稿を変更することができます。

    バックエンドのアップロードサイズは十分大きくしていたのですが、投稿フォームのファイルサイズがデフォルトのままでした(汗

    1. ありがとうございます。

      ダッシュボードで、タイトルの編集と、ファイルサイズ上限の文章を削除しておきます。
      画像はちょっと修正したいところがありますのでその修正分で差し替えをさせていただきます。

      毎年のサーバーのご提供ありがとうございます!

    1. コメントありがとうございます。
      この絵は、2010年8月にRenderosityにアップしたもののリメイクなんです。
      そちらは、Nippleを露出しているのですが、こちらの投稿規定に合わせて
      NBMを使って押しつぶすことで隠しています^^
      まるで、明るい安村やアキラ100%の世界ですw

    1. コメントありがとうございます。
      ポケモンGoのコイキングのようにジタバタ、ドタンバタンしますね きっと。
      人魚の肉を食べるって、その人魚が人間より魚に近いものだったらですが、
      こんな人に近いものであれば、まずグロくって食べれませんね。
      「ハンニバル」の世界ですw

  4. 人魚はポーズが難しいのではと思うのですが、胸を強調するポーズ、お見事です(^^)/
    若狭湾の人魚は活きも魅惑も格別なようで。
    尻尾のうろこのテラテラした質感が良く出ているなと思いました。

    1. コメントありがとうございます。
      尻尾のマテリアルは、オリジナルのマテリアルにIrayのMetalのアルミニウムのシェーダーをプラスしてメタリック感を出しています^^

  5. 流石ですね。 セクシーな人魚ネタ。慢性的なネタ不足の私にはとても思いつかない発想。
    とてもセクシーです。
    構図も決まっていると思います。 エビ、カニなんかもとても美味しそうですが、人魚のインパクトが凄すぎです。^^

  6. 私事ですが、昨日からひと月前に原付にはねられた足の傷が悪化してて緊急入院になってしまい次作かアップできるかどうか^ – ^ 皆さまの作品をベッド上の楽しみとさせていただきます。

    1. えっ、交通事故にあったと伺って驚きました。(≧◇≦)

      具合はいかがですか?
      ご多忙の御身でしょうか、どうぞゆっくりご静養くださいませ。

      元気になられたら、またFujikoさんの作品を楽しみにしてます。(^^♪
      1日も早いご回復を祈ってます。

      1. 火曜日のオペの後、治り具合が順調とのことで、担当の医師(美人の女医さん)に、6/11までには退院できますかと恐る恐る訊いてみると、30秒近く頭の中で計算されて、たぶんだいじょうぶとのことでした^^
        ただ製作一日だと、モデルさんに衣装着せてる時間がないので、不本意ながら、またこちら路線の絵を一点の投稿になるかと^^;

        でも、私の母によると、私はほんまに不幸な子らしいので、どうなることかw

        不幸じゃなく、不孝かもしれませんね

    1. コメントありがとうございます!
      wing-aoさんの「ちょっと待ってね」の後、彼女は何をしてくれるのか、ワクワクですね〜
      腕を立てて、この和風展では御法度な部位を見せてくれるのか、はたして箸で摘み出そうとしている怪しからん奴輩に強烈なテイルスラップを見舞うのか
      妄想は尽きませんw

  7. なんと足の手術をされたとは、一日も早い完治をお祈りいたします。
    作品はいつものfujikoさん節で、皆さんのコメント共々楽しませていただいてます。いったいどういう経緯で彼女がまな板の上にいるのか気になりますが…。
    しかし、人魚といえばわが国はかつて世界最大の人魚のミイラ(猿+魚の作り物)の輸出国で、遠く大英博物館にも収蔵されているぐらいですので…日本こそ本場なのですよ。

    1. コメント、お気遣いありがとうございます!

      この人魚は、強(したた)かで計算高い現代の女性気質で、この観光ホテルに、自ら「人魚盛り」の企画を持って当該ホテルのプライベートビーチに現れました。この絵のシーンも、客のしようとしてる行為は追加オプションになりますよとやんわり制しています。このホテルを足掛かりに、非公認キャラ、メジャーメディアデビューを目論んでいます。

      というのが作者のキャラ設定です。

      合成人魚の老舗がわが日本国とは、初めて知りました。情報ありがとうございます!

コメントを残す