ここをクリックするとオリジナルサイズで別ウィンドウに表示します

時の蜃気楼

月明かりの中、荷馬を江戸へと引く二人の前に忽然と出現した蜃気楼。
それは昔語りに聴く竜宮城か、はたまた遠く異国の風景か、それとも未知との遭遇(レ・ミ・ド・ド・ソ)か。
だが、それこそが時の蜃気楼が映し出した、おおよそ百五十年後のこの地の風景で有ろうとは、想像だにする事は出来なかった。
(と此処まで書いて、果たしで自分は百五十年後の世界を予想しうるであろうかと、ふと思いを巡らすのであった。)

「プラント工場」 バージョン35、第10回和風展参加賞・お堂・電脳箱庭はるさん。
P4馬用荷馬馬具・石灯籠・M3用着物セット・M3町人髷・ぶら提灯・HONHYさん。
M3草履・hisayanさん。

使用ソフト・Vue2015Complete・Poser11Pro

15 comments

  1. はじめ、いつものsannziさんとは少し違うテイストかしら?と思いましたが、
    フシギ感や細部のこだわりなど、やはりsannziさんでした。^^
    ブルー系の空気がきれいです。

  2. カドカワの「戦国自衛隊」のタイムスリップ前後のような、
    幻想的なとてもいい雰囲気ですね^^
    それとプラント工場のシアン系のライティングが、
    SciFi感が出ていていい感じです!

  3. なんだこれはー!綺麗!メインの色味はエメラルドグリーンでしょうか?プラント工場の灯りがまるで宝石のようです。
    煙と雲が両端に引いていくような動きもお見事です。今まさにそこに現れたかのようで。
    テーマも面白いですね。浮世絵にスカイツリーらしきものが描かれている?!という話を思い出しました(^^)

  4. とても綺麗で見入ってしまいますね。 イラストレーションの様なタッチも素敵です。
    あの参加賞の工場がすごく幻想的なシーンを作ってますね。
    水面で対比したシーンの構成もすごく良いです。

  5. ファンタジー世界に迷い込んだような美しさですね。
    近景、遠景、中間ともそれぞれ美しく、見ごたえがあります。
    Vueのレンダリングも綺麗ですね。
    私もVueを持っているので、積極的に使ってみようと思います。

  6. 私も浮世絵にスカイツリーが描かれているという話を思い出しました。
    現実なのか、はたまた幻想なのか?
    蜃気楼ってロマンチックでもあり恐怖をあおるものでありますが、三次さんが描かれるとこんな風景もあるんだと納得させられます。

  7. サムネできれいな色合いだな、と思って開いてみたら、
    タイトルの通りの、未来の風景の蜃気楼。
    工場に人が居たら、そちらからもこちら(過去)が見えているのかもしれませんね。

  8. おお!1作目はちょっと意外でしたが、この作品は色合いといい雲といい、幻想的な空気感といい、(私が勝手に思っている)sannziさんのイメージにぴったりです。…それにしても「工場プラント」がこれほどファンタジックで美しくなるとは驚きですね。
    もしかしたら「この二人は維新後に実業家になって日本を代表する大会社を興すことになる」とか妄想します。

  9. サムネイルから、この色合いがとても美しく浮かび上がるようで気になってました。
    ものすごく独特な空気感があって、この世のものではないんだけれどめっちゃ澄んだどこまでも見渡せそうなそんな大気。
    街の明かりもアップにするまで工業プラントだとは思わなかったけど、とにかく美しい!
    長いようで多分短い間に消えた幻なんだろなぁ。

  10. はるさんの「プラント工場」がこのような形で和風展に登場するとは思いませんでした。@@
    未来の風景を蜃気楼に使った発想がすばらしいです。
    幻想的でファンタジック!まさに三次ワールド全開ですね~♪^^
    とても美しいです。

  11. 「あれは!なんだべ!」
    「り・竜宮城かぇ??」
    ファンタジックでSF感のある怪異譚。
    予想すらできない三次さんの世界感は美しいさと面白さであふれてますね。

  12. やはりsannziさんのア発想力には毎度毎度脱帽ですね。
    はるさんのプラント、自分は現代絵でどう使うかばかり考えていましたが、なるほどねえ。スカイツリーが予言されてるくらいだからありえる話です。
    照明の配置、ブログ読んでびっくりしたんですがレタッチじゃなくてマジでライトなんですね。開いた口がふさがりません(褒めている)
    何よりこの幻想的な色味、夢の中にいるような心地であろう江戸人達の気持ちに同調してしまえます。素晴らしい。

  13. 我々が今見ている星の光は、実は何百年も、何千年も前のものなのだ! ということを考えると、この蜃気楼もありえそうな気がしてくるから不思議です。
    何とも美しい幻ですね。sannziさんの発想に脱帽です。

コメントを残す