ここをクリックするとオリジナルサイズで別ウィンドウに表示します

がんばれ日本

日本たんぽぽは、西洋たんぽぽに押されて、野生ではほとんど見かけなくなっているそうです。

違いは、ガクが閉じているのが日本たんぽぽ、広がっているのが西洋たんぽぽ。やっぱり、日本の土には、日本たんぽぽに根付いて欲しいです。

 

クレジット

たんぽぽ−HONEYさん

綿毛−ni_in_bさん

小人・・PS3(Matt)−Daz、キャラ−自作、テクスチャ−?、CC Hair−SWAMさん、PT Tunic−Princessさん

9 comments

  1. タイトルからまだ傷跡が残る熊本や東北の方々へのエールかと
    思いましたが、タンポポも外来種に押されているのですね?
    太平洋戦争後、日本にない多くの外来植物の種が日本に
    土着して本来の日本からある種を駆逐していったのですね。
    日本固有の種、それにこの絵のコロボックルにエールを
    送ります^^

  2. pinesさんの妖精画を見ると、なんだかほっとしますね。
    懐かしい思いさえします。
    私は日本のと西洋タンポポが有ると聞いた事は有るのですが違いは知りませんでした。
    やはり西洋の方が繁殖力が強いのですね。
    之から見かける事が有ったら、ガクの違いを観てみようと思います。

  3. そうなのかあ。いつも周囲で見てるのは実は外来種だったのかもしれない。
    遠くまで種を飛ばしていろいろなところで花開いてくれますよーに。
    がんばれ小人さん!
    まるで絵本の1ページのような、すがすがしくて鮮やかな夢のある絵ですね。

  4. 言われてみればまじまじタンポポを眺める事がなかったので気づいてませんでした。
    妖精さんはニホンタンポポを助けようと頑張ってるのですね~。
    癒されます。

  5. ああ、ほんとに。在来種の品のある美しさは派手な外来種ではまかなえません。
    飛んでいく綿毛の勢いにこの国の希望を見る思いです。
    ぱいんさんの優しいぽざ絵を久々に見られて本当に嬉しいです。和風展、来年以降も続くそうですからこの先もずっとご一緒くださいね!

コメントを残す