ここをクリックするとオリジナルサイズで別ウィンドウに表示します

猫づくし風味

猫づくし風味
 
浮世絵師の歌川国芳さんの猫の擬人画のリスペクト。
金魚等の擬人化や妖怪シリーズなども大好きです♪
——————————
Millennium Cat by DAZ(着物、袴等自作服)
着物の柄は全てシェーダー: DG Iray Fabrics of Asia Shaders by DestinysGardenさん
 
数奇屋座敷-華・蛇の目傘 Honeyさん
将棋セット by HALさん
ネズミ JTroutさん
他小道具 sugatakさん
 
Look At My Hair by Alessandro_AM/Kendall Searsさん
 
使用ソフトウエア
Daz Studio Irayレンダリング,Marvelous Designer,Photoshop

Aboutaachan

製作環境:Mac Pro Late2013/OS Sierra| DAZ Studio,Blender,ZBrush 4R7,Blacksmith3D,Marvelous Designer他

17 comments

  1. 浮世絵絵師 三人目を挙げていただけて ありがとうございます!
    うちにも猫が十二匹います^^ WILD CAT(野良猫)が半飼い猫として
    居着いているのですが、aachanuさんの描かれた猫と同じ表情、
    特に真ん中の三味線猫のようにほんとに笑った表情をします。
    この絵は猫好きとしても、喉がゴロゴロとなるような素敵な絵ですね!

  2. これは表情豊かな猫さんたちが楽しい一枚!しかし、猫のポージングや着物を着せるのには結構手をかけてあるような、意外に労作ではないかという気もします。
    あまり日本の歴史や美術の教養のない私ですが(過去の和風展でのROSEさんとHoneyさんのやりとりなんて恐ろしく深い)、なぜか昔から歌川国芳には惹かれるものがあり、芸術新潮の国芳特集を何度か買ってます。
    ところで猫が三味線を弾くのは倫理的に問題があるような…(笑)。

  3. やや!これはなんと楽しそうな(#^^#)
    ミレネコなんですね、見事な擬人化です。
    ネズミ回しまして。
    頭に手ぬぐいを乗っけて、踊っている猫が一番好きです。

  4. 国芳さん来ました~。北斎とも歌麿とも違う独自の浮世絵世界を構築した方ですね~。猫絵人気で値段が高騰してしまいましたが昔は手ごろな価格でコレクションできたのに~。
    ミレキャットってこんなに表情豊かなんですね~。ポージングがまた良いですね~。
    ホントに猫背が似合うなぁ。

  5. わー、こういうの大好きです。猫さんたちのポーズや表情、お見事ですね。
    ♪猫じゃ猫じゃとおっしゃいますが~と唄っているんでしょうか。
    国芳先生がどこかで覗いているような気がします。

  6. 今年は妖怪はないのかな、龍だけかなと思ったら最後にw
    そりゃあ国芳といえば猫ですわね!元祖猫バカ親父ですからね!猫飼好五十三疋なんか見ていて飽きないです。
    そしてaachan猫づくしの方も本家ばりの表情や仕草がたまらない、これまた見飽きない。うう、猫可愛い、可愛いだけで正義‥‥。

  7. おお~!盛り上がっておりますね~!!^^
    猫さんたちの表情がとても豊かで場の雰囲気が伝わってきます。
    三味線の弦を押さえる手が上からのところも猫らしく思わずニヤリとしてしまいました。
    三味線・・・?^^;蛇味線ですよね。きっと!ww

  8. 可愛い&面白いですね、浮世絵3DCG化。
    猫さん達が見事に着物を着こなしてますね。
    それぞれが活き活きとしていて楽しそうで、今にも動き出しそうですね~♪

コメントを残す