ここをクリックするとオリジナルサイズで別ウィンドウに表示します

すべて私なんだよ!また会おう!

うむ~結局ホントにDAZ michael3で五本作ってしまった。
一応日本を代表する怪盗のパロという事でギリギリ和かなぁ。

とりあえず今回はこれにて投了に御座ぃ~。

人物 DAZ michael3
帽子 DAZ3D
カサブランカスーツ ISOP様
マント joequic氏
町 CityGen みつまつ様

14 comments

  1. 国文科出ですが、コナン・ドイルは読んでいても、江戸川乱歩は読んだことがないのです^^; 二十面相で、今現在連想するのは、浅田次郎さんの「天切り松」シリーズの「書生常」ですね。彼は、皇族の親王とその妹(女性)、執事や、易者、帝国陸軍将校、帝大性、帝大教授となってフランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテルを定宿としていたりと、とてもカッコイイ盗賊(詐欺師)なのです^^

    1. 実は江戸川乱歩や横溝正史、夢野久作など古いのしか読んだ事無いのです~。
      二時間ドラマは好きなんですけどね~。
      まぁ読んだ内容を忘れてるので何度でも読める!

    1. モーフのやり方って実は単純にメタセコイアのマグネットと彫刻機能でメッシュ引っ張ってるだけなんですよ~。ソフトに弱いので余計な機能は一切使いません。(使えませんとも言う)

      最近はZBrushCoreも使いますがPoserと見え方が違うのでメタセコでガタガタにしたメッシュを整える程度です。

    1. 横尾忠則さん寺山修司さんと聞くとワクワクしてしまいます~。
      自分はMichael4スタートなのですが使ってみるとmichael3って非常に使いやすいフィギュアだったので最近多用しております。イケメンからジジィまで非常に起用に変身してくれます。
      最近のDAZの男フィギュアも優秀なのですが投資するお金が・・・・・

  2. な、なんと~!
    今回の和風展キャラは全て遠藤平吉の変身でしたか、流石怪人。
    でも気球に大穴が開いて、最後は悲しい扱いのM3、これも流石の真仁堂節です(^^;。
    全5作、並大抵ではないです、きっとアイデアの素をポケットに沢山お持ちだからこそと思います。

  3. ちょっ、逃走失敗してますよ~!せっかくカッコよく決めたと思ったのに、真仁堂さんの見えざる神の手がさい☆もんさんに続いてM3まで毒牙に…。
    実は私、小学生のころ少年探偵団が大好きで、学校の図書館で借りた乱歩を読み漁っていたので懐かしいです。気球での逃走シーンはありましたよね、たしかエレベーターがそのまま気球になって、階段から追いかけた警官隊をまんまと出し抜くのが。何の作品だったかなあ…。

    1. 基本うちの男キャラはギャグ要員です~。
      学校の図書館の乱歩シリーズは当時の子供にとって学研漫画に匹敵する娯楽でした。
      内容は5割は忘れてまする。
      気球はやはりTVの印象が強いですね~。BD7ではなく上条恒彦さんが主題歌やったほう。

  4. 江戸川乱歩は子供のころから好きで、近年全集をじりじり集め始めてたら青空文庫入りで無料で読めるようになっちゃったというw
    しかしタイプのまったく違う4変化お見事でした(それともこれも仮の顔?)。
    ISOPさんのカサブランカスーツとか、めっちゃ懐かし~~~~~!
    マテリアル次第でまだまだ最近の写実的レンダリングにも使えますね。
    パラッパパ~~♪みたいなエンディングテーマが聞こえてきそうです。

  5. 青空文庫!!!いい事聞きました~!!
    カサブランカスーツは腕を曲げても綺麗な肩という優れたスーツである事を使ってみて知りました。公開はもうかなり前なのに凄い技術だと感服する次第でした。
    マテリアル技術の進歩と合わせればマダマダ現役です!

コメントを残す