ここをクリックするとオリジナルサイズで別ウィンドウに表示します

からくり忍者大戦2018 深淵の刻 その3

なんか暗い感じの絵ばっかり上げてしまって申し訳ないです。

fujikoさんみたいな明るい感じに憧れるのですが。。

 

Mia for Genesis 3 and 8 Female

Surge: Props, Poses and Expressions for Genesis 8

Zarathant(Sixus)

蔵座敷(Honeyさん去年の参加賞)

7 comments

  1. 瞑想が深淵レベルに達すると、深淵に潜む魔物もまた現世に現れる。
    その危険を犯しても修行を続けるカラクリ忍者、と自分なりに想像を巡らしました。
    魔法陣?日本の場合は何と言うのだろう?を取り囲む蠟燭とかカッコ良いです。
    HONEYさんの蔵も良いロケーションに成ってますね。

  2. 異端の伴天連よりもたらされし魔法陣の結界内におびき出し、妖しの故郷の地獄へ返還せんとする封妖士 Mia。彼女の試みは成就するや?! 
    この設定で明るければそれは、絵空事としてしか映りません。私も絵は、「昏い」 は「昏い」がモットーですので、少しも暗い絵とは感じませんよ。
    それこそ土蔵の中で偶然見つけた色褪せた錦絵のような作品群 お見事です!

  3. AIRSTONEさんのレタッチ技術には驚かされますね。
    自分も挑戦はしているのですが中々イラストっぽくならないのです。
    キャプションありでファンタジー絵巻として読みたい雰囲気です。

  4. そのまま物語の挿絵になりそう。
    確かに明るくはなく、和風なんだけどミュシャっぽさが感じられるというか。。(しっかりとしたラインのせいかな?)
    色の落とし方も絶妙なんですよね。
    和洋混ざった不思議な空気感ですが、女の子の顔がものすごく和風美人なのもポイント高い。

  5. 回りの妖魔は女性が魔方陣で呼び出したものなのでしょうか?それとも敵に放たれた妖魔で女性は魔方陣でその身をまもっているのでしょうか?女性が無表情なだけにいろいろと想像が膨らみますね。個人的にはこういった作品は、画面は暗いほうが雰囲気がでるように思いました。

コメントを残す