ここをクリックするとオリジナルサイズで別ウィンドウに表示します

新形肆道怪撰・春 楽道

どうでもいいことですが、自分が絵を作るときの話。構想から作業中、完成するまで「その絵のための音楽」が欠かせないのです。もやもやしたイメージを形にするのに方向性を示してくれるような。あるいは日常から心を切り離してイメージの世界に意識を運ぶ船のような。で、そのつどプレイリストを作って、制作期間中ずーーっと(日常生活してる時も)聞いておりますです。今回の和風展で特にお世話になった一枚をクレジット表記しておきたく。

伶楽舎「陰陽之占楽〜安倍晴明式占術と雅楽〜」

(自分はiTMSで買ったんだけど、amazonのprime特典で聴けるやつでした。とほ)

最後に作った絵がこうなったのは、このアルバムの所為です。雅楽、初心者未満なのですが、ひょっとしたら好きになるかも。

楽道というのはですね。むりやりです。なにがなんでも道にせにゃならんかったとです。ネタバレというより、引用元をあきらかにしとくために書いておきます。にょろにょろした文字の部分は、アントニオ猪木氏の引退時の挨拶で有名な「道」という詩です。哲学者清沢哲夫氏の著書にある言葉だと、此の度ぐぐって知りました。猪木氏はそれを多少アレンジしてるようですね。今回は、猪木氏の挨拶を元にテケトウに古文風にしてもっともらしく漢字を当てて使わせていただきました。

Credit:

DC Kariginu by hisayan

Biwa by Yamato

Koto by Honey

Ryuteki, Bachi by hisayan

Flinks mossy Rocks HD

Lisa’s Botanicals – Cherry Trees

桜吹雪 sannzi

鳥居 Kagami mochi

TerraDome2

PoserPro11 SuperFly

18 comments

  1. おお、「春」にふさわしい明るい色合いもですが、背景の庭園(?)の奥行き感がすばらしいですね。ゼロからシーンを作る3DCGでは奥行きを出すのは結構手間がかかって苦労すると思うのですが…。
    あと、この「春」の桜の花びらや「冬」の遠くの峰から舞い上がる雪煙の、静止画の中に動きを加えるワンポイントがいいな~と思います。動きを出すのが不得手の私としては、これは見習わねば!です。

    1. niseisyaさん コメントありがとうございます!
      よくわからないんですが、おそらく自分は3DCG的に真面目に奥行きを表現しようとしたことは、ほとんどなかったかもしれないです。もちろんこれもです。でも「なんかひらってえな」とか「なんかものたりねえな」とか、そういう自分の違和感というより物足りない感じを解消したくて色々してるかなあ。でもすっごいいい加減ですよ?理屈ほぼ無視ですよ?あんまり見習わないほうがいいとおもいますー(汗 ほんとは少しは理屈を知っていたほうがいいかと思いますー。きゃーなんかすいません

  2. 之はまた懐かしの御方々が@@!
    ちゃっかり眼鏡かけた人もいるし。
    でも此処は時空を超えた桃仙郷、いや桜仙郷に違いない。
    おっしゃる通り音曲に包まれて作成されたのだなと想像できる仕上がりですね。
    私も絵の立ち上げの時はイメージが固まらずに辛いので、好きな音楽を聴きながらチマチマ作業します。
    でも構想に合った音楽を選ぶ所まではしていませんでした、成程勉強になります。
    それと「陰陽之占楽〜安倍晴明式占術と雅楽〜」、primeで見つけたので聴いてみます(#^.^#)。

    1. sannzisanziさん コメントありがとうございます!
      なつかしいよねー。正直私もなつかしいですー(殴
      「陰陽之占楽〜安倍晴明式占術と雅楽〜」、どうでした? 気に入っていただけたら嬉しいですよ!

    1. Tsukitakuさん コメントありがとうございます!
      男性ばかりで桃源郷って、よーく考えると絶句しますよね。
      でもまあ、なんていうか、自分が楽しげな絵を作るとなるとたぶんこうなる。
      というか、こういう楽しげな絵を作るのは実ははじめてだったりしますよ!

  3. おぉ〜これはまたJEZZさんらしいキャラ勢揃い〜〜♪└(-ω-┌))))) (((((┐-ω-)┘♪
    春霞がまた良い感じに楽曲がたなびいていくようです。
    しかし楽器を演奏するポーズって結構気を使うんですよね。指先まで気を配ったポーズも美しい

    1. aachanさん コメントありがとうございます
      はいどうもいつもの、というか、なつかしの三人です。
      この楽器たち、触ったことはおろか、見たこともないので(笑
      ちょっとおっかなびっくり持たせたですよ。だからまちがっているかもなのです(汗

  4. SuperflyでJezzメンズがよりリアルにグレードアップしてお素敵ですわ。
    投稿数が5枚までになったということはすなわち「四季ネタ」が可能だったのだと、Jezzさんの作品見るまで思いつきませんでした。さすがです。堂々の「和風」です。血中和風濃度高いです!
    伶楽舎いいですね。雅楽はJezzさんの世界観にとてもあってる気がします。
    久しぶりにお三方の姿を堪能できました。ご馳走様でした。

    1. roseさん コメントありがとうございます!
      うひゃ。少し高くなったかナー。
      和風なものいっぱい摂取したから、今年の後半のゆりもどしがすごいかもですよ(笑
      雅楽、そうなんですか? 私よくわかんないですけど、なんかいいな、とは思います!

    1. honeyさん コメントありがとうございます!
      ! ロックですか! あああああ みんな ロン毛だから!!!!!
      正直雅楽というのは、自分内取扱的にラーガロック(シタールとか取り入れたロック)
      と大差ないよなーとか思いながら作ったから、うっかり表に出ちゃったのかもしれないですかね!
      いやいや和風展に復帰したい身としては「めざめたんです! ロックと違うんです!」って力説しないといけないとこですかね!
      あああああああ でもでもでも 自分で作った絵が「どこかロックを感じさせる」って ほかならぬhoneyさんにコメント頂いて
      もはやこれは天国への階段。ありがとうございます。うれしいです。Keep on Rockin’ です。

    1. 銀狐(Ras)さん コメントありがとうございます
      ちょっとおとなしめすぎかな、と思ったのですが、久しぶりに参加させていただいて、いろいろうれしかったし、
      とにかくブライトでハッピーで楽しげな雰囲気に挑戦したいという気持ちがありました。そういうのに苦手意識ありましたので(笑
      自分としては「雅」って、掴みどころのない感じなんですけど、雅っぽい感じを感じていただけたなら、ほんとに嬉しいです。ありがとうございます。

    1. pinesさん コメントありがとうございます
      三人の演奏、どんなでしょうかね(笑 いいときはいいけど、ひどいときはひどい、みたいかな。
      なにより誰かさんが飽きるのが早そうな気がします。とりあえずこの絵からはきれいな音楽感じて
      いただけたということで、私はとても嬉しいです。

コメントを残す