ここをクリックするとオリジナルサイズで別ウィンドウに表示します

江戸小町ノ入浴タイム

HONEYさんの前回和風展参加賞の湯屋です。
HONEYさんの解説によると2階の休憩所から下の女湯を覗ける秘密のギミック(覗き穴)が設えて有ったとか。
なんと不埒千万な事でありましょうか( `ー´)ノ。
とわ言え時代は江戸、現代では推し量れない常識があったのかもしれませんねえ。
かくしてこのような事態をば妄想、いや空想に及んだのは自分だけでは有りますまい、フンスッ( `ー´)ノ。

湯屋(13回和風展参加賞)・M3用着物セット・M3用作務衣・M3用半纏・股引腹掛セット・町人髷2・机・以上HONEYさん。
柴犬・HONEYさんとはるさんの共作。
M3Haoriset・法衣セット・ hisayanさん。
Low Polygon Girl・Yukataセット・Tweetyさん。
リトルカウ用鎧セット・真仁堂さん。
ハニワ君用魔人セット・アマビエ様・niseisyaさん。
DAZのネコちゃん。
M3RR用追加モーフセット・matchboxさん。
リトルカウ・ハニワ君・ホオズキ(第12回和風展参加賞)・私三次でした。

8 comments

  1. 江戸小町さんが湯屋に行く時間になると、役人やお坊様、ハニワ君、アマビエ様まで湯屋に押しかけるというすごい事態になってしまうのですね。
    お坊様の姿を見て笑ってしまいました。
    大勢の登場人物や動物のポーズから様々な動きが感じられて、見ていてとても楽しいです。

  2. 上のほうからスクロールして見ていて、屋根の上の猫ちゃんに、かわいいなー
    なんて思っていたら、並んでいるのは人間だけじゃなかった。
    カウくん見るまで、違和感なかったんです。
    アマビエさまとハニワくん、何気なくて。

  3. う~ん、わかりやすすぎます、この人たち…。まったく悟りが開けてません(笑)。アマビエ様、魔神アラカツマ様も何をやっていることやら…。
    屋根の上の猫は何かの浮世絵で見たような雰囲気で、ちょっとしたスパイスになってますね。

  4. ほんと多職業多種族賑やかに押しかけてきましたね。
    てか、女湯に向かう美女をめっちゃ品定めしてるじゃあないですか!(爆
    2Fからもまさにその瞬間を伺ってる人影が。。
    まさに煩悩尽きず。。。精進しろやっ
    リトルカウさん、護衛としてしっかり輩どもの不躾な視線から守ってくださいませ。
    そんな大人の事情に我関せずと、屋根の上で無邪気に遊ぶ猫たちの姿も微笑ましく。。。いや、もしや鈴をつけた美人白猫を奪い合ってるのか?

  5. 色々突っ込みどころがあって面白いですが、とりあえず一番気になったのは「あ、アマビエ様そっちに並ぶの?」と。いや、並ぶ時点でおかしいと言うか…それよりもなんか色んな人(?)が居るけど不思議と皆馴染んでいる感じがします。
    屋根上の猫ちゃん達も良い味だしてますね。

  6. HONEYさんの湯屋、誰かに使ってみて欲しかったんですよー!
    自分は内部を使うことばかり考えていたのですが、まさか外観使ってこんな楽しいストーリーが作れるなんて!すごい発想です!ていうか男の妄想か!(笑)

    うん、とりあえずそこの僧綱襟を立てた位の高そうな坊さんと作務衣着た坊さんとアマビエ様、ちょっとこっち来なさい。

  7. なかなか楽しい作品ですね。私も内部を使うことしか頭になかったので、目から鱗です。調べてみると、湯屋が蒸気風呂だった頃には湯女という背中を流してくれたり、着替えを手伝ってくれた女性もいたようで、時には性的サービスも行っていたようです。江戸の初期は女性が少なく遊郭よりも人気だったとの記載がありましたので、確かにこんな感じだったのかもしれません。

コメントを残す