ここをクリックするとオリジナルサイズで別ウィンドウに表示します

帯回し・その後

「……あいたたたた…あのバカ代官、好き勝手やってくれちゃって…。もう我慢できないわ、今度こそ奉行所に訴えてクビにしてもらうんだから!…ところで、ここはどこ…?あっ、誰か来る。すみませ~ん、ここはどこです…かっ!?」
「オウ、ジャポネス?Gueixa!ボン・ジア! Um cantinho e um viola~o.Este amor, uma canc_a~o. Pra fazer feliz a quem se ama.~♪」
「あ、あの…ホントにここはどこ~!?」

こうして彼女はブラジル日系人の祖となったという…。

なお、この物語はフィクションです。江戸(東京)の裏側はウルグアイから東に約1000キロメートルの大西洋上で、ブラジルではありません。(←いや、そうじゃなくて…)

フィギュア:にあ☆みぃ(e-frontier)
衣装:にあ☆みぃ用浴衣(hisayanさん)
髪:marumage(honeyさん)、nm_Airy_Bob(Rolfeeさん)
小道具:Tropical beach(Shredderさん DAZ Studio用をむりやりPOSERに移植)、岩(RuntimeDNA POSER7付属)、コルコバードの丘のキリスト像(Free3D.comのOBJデータ)、ヤシの木(Archive3Dの3DSデータ)、カニ(入手先不明のOBJデータ)
にあ☆みぃの足袋・カーニバル衣装は自作です。

8 comments

  1. なんと床を突き抜けるどころか地球をくり抜いてしまいましたか。
    なんと壮大な妄想、いや構想の物語だったのですね。
    それにしても代官様の帯回しの術も素晴らしい!。
    ブラジル日系人の祖を送り込んだ功績を認めても良いのでは、いや、やっぱり駄目か(^^;。
    自作されたカーニバル衣装の娘も可愛いです。

  2. 回りすぎて畳に穴が開いてしまったと思っていたらなんてこった、こんなことに…!
    にあ☆みぃのカーニバル衣装めちゃ可愛いですね。踊らせて欲しい。

  3. (o゚□゚)o≪≪≪ブラジルのみなさあぁぁぁぁん!
    って、もはやコントの領域w
    裏側までいっちゃいましたか。マグマを突き抜けて、アイタタタ、、で済んでよかったですね(^^)
    でも着物の袖のひらひらと、サンバ衣装の羽のひらひらってどことなく共通してますね!

  4. 帯回しで地球の裏側にまで達するという発想が凄いです。しかも女中さんは無傷の様子。庶民は我々の想像以上に逞しいのですね(笑)。ブラジル日系人の祖となったということは、向こうで幸せな一生を終えられたということでしょうか?めでたしめでたしですね。

コメントを残す