ここをクリックするとオリジナルサイズで別ウィンドウに表示します

名所江戸百景(浅草田甫酉の町詣)から

歌川広重の名所江戸百景(浅草田甫酉の町詣)にPoserフィギュアを滑り込ませてみました。
浅草田甫は吉原で働く女性の控屋があったという事ですが、この部屋に花魁クラスがいたかどうかは疎いので分かりません、三次の妄想としてゆるい目で見てやってくださいませ(^-^;。

(元画像はアメリカのシカゴ美術館がクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC0ライセンス)で公開し、著作権による制限を受けずに、自由に作品を改変、再利用、二次創作での利用が可能とする画像を使用しています。)

使用アイテム。
とにかくかわいい花魁ちゃん・tweetyさんの(LPG_Type_A)及びLPG用花魁衣装セット。
ネコはDAZのミレキャットです。

使用アプリ。
Poser11Pro
ホトショップCS5

9 comments

  1. わあ~、なんて素敵な光景なんでしょう。
    華やかで可愛い花魁さんですね。
    影付きの猫がいるところが、出窓のように見えますが、違うんですよね?
    だまし絵のようで楽しいです。

  2. 人形のような花魁さんが浮世絵の世界にぴったり!元絵を検索してみましたが、人物はいないのですね。元々人物が描かれていたかのようなハマり具合で、流石です。
    猫が3D化されているところにも遊び心やこだわりが感じられますね。

  3. 浮世絵との合成、しかも絵の中の猫も3D化されているのが楽しいです。画像にスマホをかざすと立体化して動き出すARのようで面白いですね♪
    花魁ちゃんをモデルに起用していただきありがとうございます!

  4. おお、広重のまた渋いところを。。。
    部屋の桟から覗く富士山が一興ですが、元絵のハイライトを隠さず鄙びた家の代わりに美人な花魁さんとはまた心憎い演出。一気にゴージャスになりますね。
    なにげにニャンコも3Dで、でも絵にうまくはまって張り出しにちゃんと乗っかっているように見えます。

  5. 元の絵と見比べてみました。
    元の猫さんはしっぽが短いんですね。
    そして、花魁さんは居ないんですね。
    自然に花魁さんが居るので、元の絵を見たことがあるのに、元から居るのかと思ってしまいました。

コメントを残す