因幡の白兎

昔話としてもみんな知ってる「いなばのしろうさぎ」和邇(ワニと読むがサメという解釈が一般的)に赤裸にされた白兎が、意地悪な兄弟に嘘を教えられて苦しんでるところに、一番下っ端の大穴牟遲神(大国主神、大黒様)が荷物を担いで通り… Read More